最新情報 製品情報 企業情報 求人情報 お問合せ カタログ請求 用語集

  



(あ行) 圧縮成形  アニーリング  アフタキュア  アンダカット
     インジェクションブロ−成形 インフレーション法  ウェルドマーク  押出機

(か行) ガイドピン ガイドブッシュ  型締時間  型締力  型内圧力  型開き力 可動盤  金型  加熱シリンダ  
     キャビティ    強化プラスチック  き裂   ゲート  硬化   硬化剤  合成樹脂  固化  固定盤   
     コールドスラグ コンパウンド

(さ行) 射出圧力  射出成形  射出成形機  射出速度  収縮  充てん剤   条こん  ショット  シリコーンゴム      スクリュ  スプル   スプルブッシュ   成形  成形圧力  成形温度  成形サイクル  積層成形

(た行) ダイ  タイバ   タイバ間隔  ダイプレート  多数個取り金型   突き出し  デイライト  トグル式型締機構  
     トランスファ成形

(な行) ノズル  ノズルタッチ   熱可塑性エラストマー

(は行) 背圧  発泡成形  パーティングライン  バリ  ピンホール  BMC   フェノール樹脂  ブッシュ  プランジャ 
     ブロー成形 ベント式

(ら行) リブ  LIM



圧縮成形
  一般に熱硬化性樹脂の成形に用いる方法
         成形材料を金型キャビティに入れ、圧力と熱を加え成形する。


アニーリング
 熱または機械的な応力によって生じた成形品の内部ひずみを除去 するために、適当な温度に保持した後、
         除冷する操作をいう


アフタキュア
 熱硬化性樹脂が成形後に放置または加熱によって、さらに硬化が 進行すること


アンダカット
 成形品を金型から取り出す際に、成形品を変形させるか、または 特殊な金型構造を用いなければ
         離型が不可能な成形品の一部 をいう。また成形品の一部をくり抜いた部分をいう


インジェクションブロ−成形
   熱可塑性樹脂の成形法
                   射出成形により底のあるパリソンを成形し、ただちにこれを 吹き込み用金型に移し、
                   その中に空気を吹き込み
                   中空の成形品を得る方法


インフレーション法
 押出機によりダイからチューブを押出し、上端をピンチロールで はさみ、その中に空気を送り込み
              ながら所定のサイズまでふくらませ連続的にフィルムをつくる方法


ウェルドマーク
 成形時において、樹脂の二つ以上の流れが完全に融合しない時に 生じる、結合部にできる線状の
           むらをいう。ウェルドライン、ニットラインともいう。


押出機
 押出し成形する機械をいい、スクリュ押出し機ともいう。


ガイドピン
  金型の雌型と雄型との相対位置を決めるために用いるピンをいう
        金型部分の移動方向に平行にはめ込む


ガイドブッシュ
 金型部分の相対位置を決めるためのガイドピンの受け穴として相手側の金型部分には
           め込まれるブッシュをいう


型締時間
 成形の際金型を閉じ始めてから完全に閉じ終わるまでの時間


型締力
  充填した溶融材料の圧力に対抗して、金型を閉じておくために 金型に加える力をいう。

型内圧力  成形過程において、材料を充填した時の金型内面に発生する圧力


型開き力
 成形品を取り出すための成形機の金型を開く力をいう


可動盤
 プレスまたは成形機の型締機構において、開閉運動をする側のダイプレートをいう


金型
 成形材料を一定の形状に成形する為の金属性の型をいう。
     平押し金型・押込み金型・割り金型などの種類がある。


加熱シリンダ
 射出成形機及び押出し成形機本体の一部で材料の加熱溶解・移動が行われる円筒部分をいう。


キャビティ
 金型において成形品が成形される雌型と雄型の空間をいう。または雌型の彫刻面をいう


強化プラスチック
  強化剤を加えたプラスチックで、代表的な複合材料の一種である
            強化剤の種類および量によって、各種の力学的強さの優れたものがえられる。
            FRP(fiber reinforced plastic)と略称する。
            強化剤としてガラス繊維が広く使われている。


き裂
 製品が内部の応力、外部の衝撃または環境の影響をうけて生じた割れをいい、クラッキングともいう


ゲート
 金型内において溶融樹脂がキャビティに射出される湯口をいい、 その形状・機能により種々の形式がある


硬化
 熱硬化性樹脂を熱・触媒・光・放射線などの作用によって架橋させ安定した状態に変える操作をして、
     物理的性質が変化すること。


硬化剤
  熱硬化性樹脂と反応して、樹脂を硬化(分子を三次元化)させる薬品、または熱硬化性樹脂の
       硬化反応を促進させる媒体をいう

合成樹脂
 合成によって作られた高分子物質で、プラスチック・塗料・接着剤などの主原料。
         熱硬化性樹脂と熱可塑性樹脂に大別される。


固化
 軟化または溶融状態の熱可塑性樹脂が冷却され固まること


固定盤
 型締機構において開閉運動をしない側のダイプレートをいう
       射出成形機では固定金型を取り付ける側のダイプレート
       プレス機では一般に主ヘッドに固定されたダイプレート


コールドスラグ
 射出成形において、金型内に最初に入った溶融材料が、ノズルや スプルを通る際に急速に
           冷却された 部分をいう

コンパウンド  合成樹脂に必要に応じて可塑剤、充填剤、着色料、安定剤、強化剤
          その他の各種配合剤を加えて混和し、そのままの状態で成形に 供することが出来るようにした材料


射出圧力
 射出成形機において材料を射出するときのプランジャまたはスクリュの先端面の圧力


射出成形
 熱可塑性樹脂及び、熱硬化性樹脂を成形する方法の一種
        成形材料は射出シリンダーの中で加熱溶解され、流動化した
        成形材料は射出プランジャまたはスクリュによって固く閉じた
        金型の中に圧力で注入されて成形される。


射出成形機
  成形材料を射出する為の機械で、可塑化機構・射出機構・ 型締め機構・駆動機構などから構成される。


射出速度
 射出成形において、成形材料がキャビティに射出される単位時間当たりの質量をいう


収縮
  成形品の体積が縮小することをいう。成形品を金型から取り出し 室温に冷却したときの収縮を成形収縮、
      その後の成形品の収縮をあと収縮という


充てん剤
 プラスチックの強度、耐久性などの性質を改善するため、または安くする為に加える不活性物質をいう


シリコーンゴム
  特殊耐熱合成ゴム
            抜群の耐熱性と耐寒性があり使用温度範囲が広い。


条こん
 透明プラスチックの表面または内部にある糸状の不均質部をいう


ショット
  射出成形において、シリンダ内の溶融した材料を金型内に射出することをいう。
      プランジャおよびスクリュの前進から後退までの時間を射出周期といい、1回の最大射出量を
      その成形機の射出容量という


スクリュ
 プレス及び射出成形機などににおいて材料を流動化・混練・計量する主要部品


スプル
  射出成形・トランスファ成形用金型においてはノズルから溶融材料
      までを、1個取り金型においては、ゲートまで、多数個取り金型においてはランナまで移送するための経路をいう


スプルブッシュ
 成形用金型のスプルの部分を別に製作し金型にはめ込むブッシュをいう


成形
   材料を金型・ダイなどを用いて所要の形にすること。
      金型を用いる圧縮・トランスファ・射出・ブロー等をモールデイングその他の押出し・カレンダリング・真空などを
      フォーミング という。


成形圧力
 成形時に材料を金型中で加圧し、形を与えるのに必要な圧力
         成形品に加わる全荷重を、圧力の方向に垂直な面に投影された成形品の投影面積で除した圧力で、
         Kgf/cm2(MPa)の単位で示す


成形温度
 成形のとき、熱可塑性の材料を加熱して、可塑性を与えるのに必要な温度、または熱硬化性樹脂の
         材料をキュアするのに必要な温度


成形サイクル
 1回の成形を完了するのに必要な一連の成形操作。時間をいう場合もある


積層成形
 積層した材料を加圧加熱などにより所要の形に一体化すること


ダイ
   (1)金型 (2)押出しにおいて材料を必要とする形状に押出すための口金、マニホールド、ブロー成形用、
       リングなど種々のものがある


タイバ
  プレス及び射出成形機において、ダイプレートを支え
      かつ金型の開閉動作を案内し、型締め中は、型締め力を受け止める2本以上の支柱あるいは棒をいう。


タイバ間隔
  成形機のタイバ間のうちのりをいう
          水平及び垂直それぞれの方向の寸法をもってあらわす。


ダイプレート
 金型を取り付ける厚い金属板をいい、固定盤・可動盤がある


多数個取り金型
 同一形状のキャビティを多数持つ金型


突出し
  成形品を金型から突き出す操作をいう。機構によりピン、 スリーブストリッパ、自動、エア、上部、
       下部など種々の方式がある


デイライト
 プレス及び射出成形機において、固定盤と可動盤を最大に開いた時の間隔をいう。


トグル式型締機構
  成形機の油圧シリンダにトグルリンクを直結して型締めを行う機構


トランスファ成形
  熱硬化性樹脂の成形法の一種
            加熱室中で可塑化させた材料を加熱した金型キャビティ内に圧入して成形する
            ポット式・補助ラムを備えたプランジャ式がある


ノズル
  射出成形機の加熱シリンダの先端に取り付ける射出口金をいう
       開口、バルブ、延長、湯だめ、多数など種々の形式がある


ノズルタッチ
 射出成形機のノズルと、金型のスプルブッシュ面とを圧着して接触させることをいう


熱可塑性エラストマー
  略称はTPE(Thermo Plastics Elastomer)。
                  ゴム弾性をもった熱可塑性プラスチックで射出成形・押出・ブロー成形ができる。
                  第3の高分子材料とも言われている。


背圧   押出機または射出成形機のシリンダ出口側の溶融材料の圧力


発泡成形
 発泡剤を用いてフォームを製造する工程
         ブロック成形(厚板)、板物成形(板)、型物成形(型)がある
         連続発泡法(連続的にフォーム製造)とバッチ発泡法(不連続 にフォームを製造する)がある


パーティングライン
  合わせ金型の分割線をいう


バリ
   成形材料が金型の隙間に流れ出して固化した部分をいう。


ピンホール
 薄い製品にできた貫通した微細な穴をいう


BMC
 熱硬化性樹脂の中で、不飽和ポリエステル樹脂を主成分にこれに繊維類を短く切断した補強剤・
       充填剤・触媒・着色剤等を混練して作られる湿式(パテ状)の成形材料


フェノール樹脂
 フェノール類とホルムアルデヒドとの縮合によって得られる
           重合体を主体とする樹脂の総称


ブッシュ
 金型において本体と別に製作した後、その金型内にはめ込む薄肉の金属製円筒状の部品をいう。
      ガイドブッシュ、スプルブッシュなどがある


プランジャ
 射出成形機・トランスファ成形機の部品
        材料を加圧・移動させ、金型が閉鎖したときに、材料を金型に充填させる。


ブロー成形
 合わせ金型内において、バリソンまたはシートを空気圧などを用いて膨らませ、金型に密着させると同時に
         冷却して中空体を得る方法で中空成形ともいう


ベント式
 スクリュ回転時において、混練・計量する材料から発生するガス・エアーを除去する方式


リブ
 製品の肉厚を厚くしないで剛性や強度をもたせ、また、広い平面部の反りを防ぐために用いる補強部分をいう


LIM
 液状シリコンゴムを成形する為の成形法

参考資料 JISハンドブック プラスチック技術マニュアル(理工学社)